※http://toyota.jp/aqua/から画像引用

アクアが現行モデルで2回目のマイナーチェンジを実施


アクアのマイナーチェンジが2017年6月19日に実施され、新型トヨタアクア発売という情報が入ってきました。

マイナーチェンジされた新型トヨタアクアに買い替えしたい人は、早速、ディーラー下取りに満足してはいけない!クルマはもっと高く売れる!! を上手に活用して、下取り予定車を高く売る準備を始めましょう!


アクアは、2011年12月にトヨタからハイブリッド専用として新発売されたコンパクトカーで、2014年12月にマイナーチェンジを実施し、今回のマイナーチェンジは、現行モデルとして2回目となります。

2014年12月のマイナーチェンジで中期型へ移行、そして、今回のマイナーチェンジで後期型への移行ということになるのでしょうか。となると、現行モデル登場後約6年近くが経過していることもあって、当初、2017年末、または2018年には、フルモデルチェンジが実施されるのではという予想もありましたが、アクアのフルモデルチェンジはもうしばらく先送りになりそうな雰囲気です。


日産ノートe-POWERやトヨタヴィッツハイブリッドが登場


トヨタアクアは、ハイブリッドシステムを搭載したコンパクトカーということで、低燃費を売りに販売台数を伸ばしていました。

しかし、2016年11月に、日産からエンジンで発電してモーターで走るというハイブリッドシステムを搭載したノートe-POWERが発売されてからは、以前ほど人気に陰りが見え、販売台数でも、2017年になってからは、コンパクトカーのライバルである日産ノートの後塵を拝しています。

※関連記事:ノートe-powerの値引きは売れ行き好調で限界15万?


さらに、2017年に入って、同じトヨタから発売されているコンパクトカーであるヴィッツにハイブリッドモデルが追加され、若干アクアの存在感が薄くなった印象は拭えません。まあ、ハイブリッドのコンパクトカーを2台もラインアップできるところが、他の自動車メーカーにないトヨタの強みともいえますが・・・。


燃費クラストップの座をノートe-POWERに奪われる


燃費競争においても、日産ノートe-POWERが、エアコンレスではありますが、JC08モード37.2km/リットルという低燃費を実現し、トヨタアクアの燃費37.0km/リットルを0.2km/リットル上回っています。

ノートe-POWERの最大燃費のモデルは、エアコンレスということで、実用的にトヨタアクアの燃費と単純比較するのは、不公平という気もしないわけではありませんが、それでも、クラストップの燃費を謳うことができるのは、販売戦略上も意義があります。


燃費が38.0km/リットルに向上!?


以上のような背景から、2017年6月に予定されているマイナーチェンジでの注目の変更点は、燃費性能の改良で、カタログ燃費のJC08モードで38.0km/リットルに改良されると噂されています。

ほぼ同じ時期である2107年6月には、もう一台のライバル車であるホンダフィットがビッグマイナーチェンジを実施し、燃費の改善が予定されていますが、アクアの38.0km/リットルという燃費を超えることはないとされていますので、トヨタアクアが、カタログ燃費においてクラストップの座を奪還するのではと予想されています。


新型アクアに買い替えする人は今から準備を


マイナーチェンジされた新型アクアに買い替えを検討している人は、これまで乗ってきた愛車の車査定を中古車買取店に依頼するなどして、トヨタアクアを安く購入するために今から事前準備をしておくといいでしょう。