※http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/から画像引用

日産エクストレイルが後期モデルへ移行


エクストレイルがマイナーチェンジを実施して、2017年6月8日から発売が開始されました。

現行モデルのエクストレイルは3代目モデルで、2013年12月にフルモデルチェンジが実施されていますので、約3年半を経過してマイナーチェンジが実施されたことになります。

後期型となった新型エクストレイルの外観や価格などの変更点、値引き相場などをみてみましょう。


なお、マイナーチェンジされた新型の後期モデルエクストレイルに買い替え希望の方は、ディーラー下取り査定額よりも高く売る方法を賢く活用して、下取り予定車を高く売りましょう。下取り予定車を高く売ることができれば、値引き以上の効果をもたらしてくれます。


より力強くなったフロントデザイン


後期モデルの新型エクストレイルは、新型Vモーショングリルが採用されましたね。

前期モデルはフロントグリルのブラックアウト部分が小さくデザインされていましが、後期モデルでは、Vラインメッキの下部にブラックアウト部分が拡大されたデザインに変更されました。

ヘッドランプにも変更を加えられ、フロントデザインは力強くタフになりましたね。よりSUVらしくなった印象を受けます。


自動運転技術プロパイロットはメーカーオプション


新型エクストレイルでは、自動運転技術プロパイロットが採用されました。

プロパイロットは日産が2016年からセレナで先行して導入していた自動運転技術ですが、今回のマイナーチェンジでエクストレイルにも導入されたことにより、新型エクストレイルもセレナと同様に高速道路で同一車線走行の自動運転ができるようになりました。


新型エクストレイルの価格は?


価格は、ガソリンエンジンが、2,197,800円から、ハイブリッドが2,589,840円からという設定となっています。プロパイロットは、メーカーオプションで、オプション価格は約14万円となっています。

先行導入されているセレナのプロパイロットの価格が実質約24万円といわれていますので、マイナーチェンジされたエクストレイルでは、大幅なコストダウンを達成しているといっていいでしょう。


マイナーチェンジ直後のエクストレイルの値引き相場


マイナーチェンジ直前では、車両本体価格と付属品価格からの値引き合計で20万円台後半が日産エクストレイル値引き相場といわれていましたが、マイナーチェンジ直後の値引きに関しては、若干の引き締めが入ると推測されます。

エクストレイルに限らず、マイナーチェンジ及びフルモデルチェンジ直後の新型モデルは特に、車査定|相場最高額で愛車を売るための中古車買取交渉術 を活用して、下取り予定車をディーラー下取り査定額よりも高く売ることに力を注ぐことが得策です。