※https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htmから画像引用

ミライースが2017年5月9日にフルモデルチェンジ


ミライースがフルモデルチェンジされ、2017年5月9日に新型発売されました。

ミライースは、ダイハツが2009年に発表したコンセプトカー「イース」の市販モデルとして2011年9月に初代モデルが発売開始され、今回約6年ぶりのフルモデルチェンジ実施で2代目モデルとなります。

フルモデルチェンジ発表で、新型ミライースの燃費や性能、価格、値引き相場などが気になるところではあります。

特に、値引き相場などフルモデルチェンジされた新型ダイハツミライースを安く買いたい人は多いでしょうが、賢い人は、フルモデルチェンジの情報を入手したら、値引きが少ないフルモデルチェンジ後の新車を安く購入する方法 を実践していますよ。


カタログ燃費は据置。スズキアルトとの燃費競争から撤退!?


先代ミライースは、発売当時でガソリン車としては最高となる30?/リットルという驚異的な燃費を実現し、最大37.0?/リットルという低燃費を実現しているライバルのスズキアルトとの燃費競争で関心を集めました。

今回のフルモデルチェンジの実施でスズキアルトとの燃費競争にさらに火をつけるかどうか注目されましたが、カタログ燃費は、JC08モードで35.2km/リットルと変わらず、据え置かれました。フルモデルチェンジで燃費を据え置いたというのは、燃費競争から方向転換したともいえますね。


実燃費は向上


ダイハツは、ハイブリッドシステムを搭載していませんので、ワゴンRで軽自動車にマイルドハイブリッドシステムを搭載したスズキに対して燃費競争を挑むよりは、他の分野をセールスポイントにしたほうが軽自動車を発売するうえでは得策だとダイハツは判断したのかもしれませんね。

ただ、実燃費は、車両全体で最大80キロもボディを軽量化するなどして向上しているとのことですので、ユーザーとしては、カタログ燃費に関してそれほど気にする必要がないともいえます。


スマートアシスト3が全グレードで選択可能


では、どの分野をセールスポイントにしているかといえば、安全安心装備の充実ですね。

先進の衝突回避支援システム「スマートアシスト3」を上級グレードであるXとGに標準装備し、Lや廉価グレードのBでもオプションで設定できるようになっています。スマートアシスト3のオプション価格は、約65,000円程度ですね。


軽自動車初となる前後4隅のコーナーセンサー装備


フロントとリアにそれぞれ2か所全部で4個のコーナーセンターを標準装備している点も見逃せません。この前後4隅にコーナーセンサーを標準装備するのは、軽自動車初とのことです。


最近の軽自動車の外観デザインの主流は、ダイハツタントやスズキワゴンR、ホンダNボックスなどに代表される軽ハイトワゴンと呼ばれるデザインで室内空間が広いなどのメリットがあり、若い世代を中心に人気があります。

一方、ミライースのような軽セダンタイプのオーナーは、どちらかといえば、高齢者の方が多いでしょうから、フルモデルチェンジで安全安心装備を充実させたことは、大きなセールスポイントになるかもしれませんね。


価格は80万円を突破


価格は、最も安いグレードであるBで84万2000円と80万円を超えてきました。軽自動車の魅力は、燃費もさることながら、価格の割安感を否定することはできません。

安全安心機能の搭載やボディの軽量化、走行性能アップを図れば、コストアップにつながりますので、販売価格に反映せざるを得なくなってしまいます。軽自動車においてあまりにも価格の割高感があるようですと、低価格を売りにする軽自動車の販売にも影響しますので、あまり価格を上げたくないのは、ダイハツに限らず軽自動車メーカーの本音といえます。


車両本体価格からの値引き余力は少ない


2代目モデルとなった新型ミライースを購入する人にとっては、燃費や性能、価格も気になりますが、値引き相場も気になるところではありますね。

低価格の軽自動車は、元々車両本体価格からの値引き余力が少なく、特にダイハツは車両本体価格からの大幅値引きは期待できない傾向にあります。


下取り予定車を高く売る


しかも、フルモデルチェンジした直後の場合、値引きの拡大はそれほどないでしょうから、オプションなど付属品価格からの値引きと買い替えの方は下取り査定額のアップが値引き交渉のポイントとなってきます。車両本体価格と付属品価格からの値引き合計で、10万円以上は目標にしたいところです。

下取り予定のクルマを高く売ることができれば、フルモデルチェンジした新型ダイハツミライースを結果として安く買うことができますので、車査定で買取相場最高額を引き出すためには の記事を参考に、下取りに出す予定の愛車を高く売ることに力を注いでみてください。