レクサスCT200hが2回目のマイナーチェンジ


レクサスCTが約3年ぶりとなる2回目のマイナーチェンジを実施、2017年6月15日新型モデルのデザインが発表されました。

先代プリウスと共通するハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド専用コンパクトハッチバックとして2011年11月に新登場したレクサスCT200hは、2014年にマイナーチェンジを実施して中期型モデルへ移行、そして、今回約6年半を経過するタイミングで再度マイナーモデルチェンジが実施され、後期型モデルへ移行することになりました。

買い替えの場合は、ディーラーの下取り額よりもクルマを高く売る方法 を利用して愛車を高く売りましょう。


新型レクサスCTはスピンドルグリルに新しいメッシュデザインを採用


新しい造形のメッシュを採用したスピンドルグリル、そして、ヘッドランプ上部にレクサスの他のモデルでも採用されているアローヘッド形状のクリアランスランプを配置しています。

精悍さを増したエクステリアに変身しましたね。


レクサス セーフティシステム+を標準装備


レーダークルーズコントロール、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラートなどを備えた安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」を標準装備し、安全運転支援の強化を図り、近年の安全運転支援システムに対するニーズを満たすマイナーチェンジとなっています。


新型レクサスCTの発売日は!?


マイナーチェンジされた後期型モデルの新型レクサスCT200hの発売日は、2017年秋頃予定です。

レクサスCTはモデル末期でも車両本体価格からの値引きはゼロですので、マイナーチェンジされた新型レクサスCT200hへ買い替えする人は、車査定|相場最高額で愛車を売るための中古車買取交渉術 を駆使して愛車を中古車市場で高く売って購入資金に充てるのが得策です。