車を購入する際にマイカーローンを利用したら


新車や中古車を購入したときに、マイカーローンを利用して購入手続きした人も多いと思いますね。


中古車販売業者の営業マンが、自己資金の少ない人に中古車を売りたいためにマイカーローンを利用するように商談を進めてくるという話もよく聞きます。

「この車種は、リセールバリューがあるので次に売る際価格が下がらないため、ローンを利用して購入しても売却時にその売却資金でローン残債を完済できますから安心してください。」

おそらく、こんなセールストークでクロージングしてくるのでしょうね。


では、車を売るときにローン残債が残っている場合は、どのような手続きをする必要があるのでしょうか。


所有権解除の手続きが必要


ローンがまだ完済されていない段階で車を売るときは、所有権解除の手続きをする必要があります。

マイカーローンを利用して車を購入した場合、車検証の所有者欄は車の購入者ではなくローン会社になっています。では、車の購入者は使用者欄に記載されています。

ローンを利用して愛車を購入した人は、一度、ご自身の愛車の車検証を確認してみてください。


他人が所有している車を売ることはできない


ですので、ローンを返済中、その車の所有者はローン会社となりますので、ローン残債が残っている車を売る場合には、ローンの残額をすべて返済してローン会社に所有権解除の手続きしてもらう必要があるのです。

他人が所有している車を売ることができないと思っていただければ、わかりやすいのではないでしょうか。


売却価格がローン残金を下回ったら・・・


その際、車の売却価格がローンの残債を上回っている場合は、その売却資金でローンを完済可能ですが、万一売却価格がローン残債よりを下回っている場合は、手持ち資金などでローンを返済する必要があります。