下取りは手間がかからない分金銭的に損している


車査定のおすすめは、下取りよりも断然買取です。理由は、下取りよりも買取のほうが査定価格が高くなるケースが多いからです。


新車を購入するためにこれまで乗っていた愛車を買い替えする場合、新車を購入するディーラーで愛車を下取りしてもらう人がほとんどだと思います。

新車購入と愛車の売却の交渉が一度に完了してしまいますので、手間がかからないというメリットは確かにあるかもしれませんね。ですが、何事にも言えることだと思いますが、手間がかからないということはそれだけ金銭的には損していることも多いのです。


ディーラーは在庫リスクや管理コストを考慮


ディーラーが新車購入をしたユーザーから下取りしたクルマは、系列の中古車展示場で販売されるケースがほとんどあり、この販売方法では売却に時間がかかるため、下取りの査定見積もりにおいて在庫リスクや管理コストを考慮せざるを得ません。

実際、素人目に見ても、幹線道路沿いにあるディーラー系列の中古車展示場に並べられている中古車の数をみると、売れているのかなあ?と疑問に感じることがよくありますね。


買取業者は早期売却可能な販売体制を採用


一方、中古車買取業者は、ユーザーから買い取りしたクルマをある一定期間自社で販売し、その期間内にオーダーが入らなかったらオートオークションに売却するという『期間限定販売方式』を採り入れるなどして早期売却可能な仕組みをとっています。

また、新車販売を専門とするディーラーと異なり、中古車マーケットの相場をリアルタイムに価格に反映させることができ、ディーラーの下取り価格よりも思い切った高値を付けることもあります。


結語


このような理由から、愛車を売る場合には下取りよりも買取を断然おすすめします。ほんの少しの手間を惜しんで、愛車を高く売ることに失敗しないように注意してくださいね。