年式が7年経過したクラウンアスリートを売りたい


車査定一括情報を入手しましたので紹介しますね。高価買取のコツが満載ですので、ぜひ、参考にしてあなたも大切に乗ってきた愛車を高く売ってくださいね。


友人が、新車を購入するためにこれまで乗っていた愛車を買い替えすることになりました。

友人の愛車は、年式が7年経過したトヨタクラウンアスリート。


3回目の車検のタイミングで買い替え


年式が7年落ちということですので、いわゆる、3回目の車検を迎えるタイミングで買い替えするというパターンです。

10年、15年などと長く愛車に乗ってクルマを乗りつぶす考えの人は別として、実際、3回目の車検というタイミングで買い替えする人は多いでしょうね。


内閣府が公表している消費動向調査の「主要耐久消費財の買替え状況(平成28年(2016年)3月現在)」によると、乗用車(新車)の平均使用年数は、8.1年となっています。

この調査結果をみても、恐らく、新車購入後3回目の車検である年式7年落ち、4回目の車検である年式9年落ちくらいで車を買い替えする人が多いということが推測することができますね。


年式7年落ちのクラウンアスリートの下取り見積もり金額は?


車を買い替えする場合、ディーラーで下取りしてもらおうと考える人がほとんですので、友人もご他聞にもれず、新車を購入するディーラーで下取りの見積もり金額を出してもらったところ、下取り見積もり金額は120万円。


年式は決して新しいとはいえないような中古車ですが、それでも、トヨタクラウンアスリートといえば人気車種です。

クラウンは、「いつかは、クラウン」というテレビCMのキャッチコピーもあったように、以前はどちらかといえば、中小企業の社長さんや個人事業主の方が乗るクルマというイメージがありましたが、クラウンアスリートの登場で若い世代でも乗る人が増えてきました。


そんな人気車ですので、友人はもう少し高く売りたいと思ったのでしょうね。

で、私のところに相談に来ました。

当然、一括査定をアドバイス。


中古車買取業者の査定価格は50万円以上も高い!!


結果は・・・複数の中古車買取業者に査定してもらい、最終的に約170万円で中古車買取業者に買い取りしてもらいました。

その差、約50万円。

ディーラーに下取りに出していたら、友人は50万円も損するところでした。


その友人もそうですが、私が教えてあげるまでインターネット車買取一括査定サービスの存在を知りませんでした。


買取業者に売ることで新車を安く購入できる


新車を購入する場合、ディーラーの営業マンに対して、車両本体価格や付属品価格からの値引きや無料オプションサービス等の交渉をするケースが多いですが、ある程度値引きや無料サービスが出尽くした上で交渉を重ねても、値引き金額をさらに50万円もアップさせることはまず不可能でしょうね。

ですが、友人の体験談をみても、一括査定を利用して中古車買取業者に買い取りしてもらえば、新車販売ディーラーに下取りしてもらうよりも、結果として新車を安く購入することができるケースが多く存在しているのです。