下取り車を安易に中古車買取店に売却すると、新車値引き交渉が失敗に終わる


下取り車は、最近の新車購入においては大変重要な存在です。“新車購入の切り札”と言っても過言ではありません。

新車購入の商談を有利に進めるという観点からすれば、ディーラーよりも買い取り条件がいいからといって、下取り予定車を安易に中古車買取店に売却するということはおすすめではありません。

ディーラーの営業マンとの新車購入交渉が失敗に終わる可能性があります。


ディーラーには車両本体価格の値引きが昔ほどできない事情がある


以前ほど、新車が売れる時代ではありませんので、新車販売のディーラーは、1台あたりの利益を確実に確保しようと考えています。ですので、車両本体価格や付属品からの値引きも、新車が売れていた時代と比較すると、あまり期待できないのが実情です。

そこで、値引き金額の調整に利用されるのが、下取り見積もり金額の上乗せとなります。


中古車買取店側も、このようなディーラーの新車値引き事情を知っていますので、新車購入の商談のなかで、下取り見積もり金額に、値引き補てん分が上乗せされないうちに、できるだけ早く買い取りしてしまおうという狙いもあるのです。


下取り車を新車値引き交渉の最後まで温存することも必要


ディーラーから提示された初回の見積書で、下取り見積もり金額に対して不満を持ったとしても、今後の交渉次第では見積も金額がアップする可能性があるということも想定し、新車購入の商談の最後まで、下取り予定車を“新車購入の切り札”として温存しておくことも大切です。

ディーラーの下取り見積もり金額が中古車買取店の査定金額に及ばず、中古車買取店に売却したほうが新車購入の支払い総額が低くなり得策だと最終判断してから買取店に売るということも頭に入れながら、ディーラーの営業マンと値引き交渉しましょう。