"ツール”持参でディーラーと愛車の下取り交渉


車査定を希望した場合、ディーラーに下取り見積もりしてもらうケースが多いですが、ディーラーへ下取り交渉に行く前に持っていたほうがいいツールがあります。

そのツールとは、中古車市場における愛車の価値、つまり、中古車の買取相場です。


これまで乗っていた愛車を買い替えするために新車を購入する場合、新車を購入するディーラーで、新車をいくらくらい値引きしてくれるかとかオプションサービスなどの商談と愛車の下取り交渉を一緒にするケースがほとんどです。

確かに、購入と売却が一度に完了してしまうので、ユーザーとしては手間がかからないというメリットはあるかもしれません。


買取と下取りで約100万円の価格の差が!


ですが、特に年式が古い車種の場合、一般的には新車販売のディーラーでは値が付きにくいとされていますので、中古車買取店で買取してもらったほうが高値が付くケースも多く存在しています。

車種によっても異なりますが、7年落ちになるとディーラー下取りと買取店での差が顕著になります。


知人のケースですが、7年落ちのボルボが、ディーラー下取り見積もり価格40万円のところ、中古車買取店での査定価格は約140万円、その差、約100万円という驚愕の開きが生じています。

日本車でも、7年落ちのクラウンアスリートが、ディーラー下取り見積もり価格130万円、中古車買取店での査定価格は約180万円という実例があります。


他の高価買取の実例は、車買取情報を公開!高額査定の秘訣が満載の買取体験談 にも紹介されています。


大きな損失を出して後悔しないように


したがって、愛車の中古車買取店の買取相場を知っておかないと、ディーラーの下取り見積もり価格が高いのか低いかの判断ができません。

ディーラーから提示された下取り見積もり価格に何の疑問を持たずに、愛車をディーラーへ下取りに出してしまうと、結果として大きな損失になるケースが往々にあるということは頭に入れておきましょう。