新車を売ることが本業


車査定では、下取り価格に満足していては損する可能性が高いと思いますよ。


新車を販売するディーラーは、ご存知のとおり新車を売ることが本業ですので、中古車の相場に関しては中古車マーケットの動向にあまり詳しくないため、思い切った下取り価格を見積もりすることが難しいといわれています。

また、下取りした中古車の売却方法も系列の展示場で販売するケースがほとんどで、在庫リスクを抱え管理コストも非常にかかるということも、下取り価格が低くなる要因なのですね。


相場をリアルタイムに価格に反映


これに対して、中古車買取業者は中古車マーケットの相場や動向をリアルタイムに買取価格に反映させることができますので、同じ車種でもディーラーの下取り価格よりも高くなるケースが多く存在するのですね。

販売方法も、一定期間自社で販売し、その期間で販売できなかった場合は、オートオークションに売却するという期間限定販売を採用するなど、在庫リスクを軽減して管理コストがかからないにしている中古車買取業者も存在しています。


結語


買い替えする愛車をディーラーに下取りに出した人の口コミをみると、「ディーラーに下取りしてもらったけど、思ったほど高く売れなかった」とか「ディーラーの下取り価格が安いのは当たり前じゃない!?」などという、どちらかといえば嘆きの感想をよくみかけます。

ですが、車一括査定情報を入手!50万円も高く買取に成功した体験談 を読んでいただければおわかりのように、買い替えでこれまで乗っていた愛車を売却する場合は、ディーラーの下取り価格と中古車買取業者の買取価格を比較することは必須といえます。