愛車を高く売却できれば・・・


車査定の際、ディーラーに下取りの見積もりだけしてもらい売却してしまう人がいますが、非常に勿体無いことですね。

これまで乗っていた愛車を売却して新しいクルマを購入する場合、新車を購入するディーラーで買い替えするクルマを下取りしてくれます。新車購入代金から愛車の下取り価格を差し引いてくれるわけですが、当然、愛車の売却金額が高ければ高いほど次に購入する新車を安く購入することができます。


根拠もなく下取り交渉しても効果は薄い


そこで、新車を購入するユーザーは、ディーラーに対して愛車の下取り見積もり価格を上げてくれるように交渉すると思いますが、何も根拠もなしで、「下取り価格を上げて!」と交渉することは効果的な交渉方法とはいえません。

愛車の価値、つまり、中古車市場でいくらくらいで買い取りしてもらえるのかということを頭に入れたうえで、ディーラーとの下取り交渉に臨むことが大切になってきます。


買取業者に売却して新車を安く購入


下取り予定車の中古車買取業者の買取査定相場がわかっていれば、ディーラーから提示された下取り見積もり価格が高いのか低いのかを判断することができます。

一般には、買い替え予定のクルマをディーラーに下取りに出すよりは、中古車買取業者に売却したほうが高く売れるケースが多く存在しています。

ですので、ディーラーの下取り見積もり価格が中古車買取業者の買取査定価格に遠く及ばない場合は、ディーラーに下取りに出さずに中古車買取業者に売却して、その売却資金を新車購入資金に充てれば、結果として次に購入する新車を安く購入することができます。


結語


クルマを買い替えするとき、ディーラーの下取り見積もり価格に何の疑問も持たずに満足してしまい、中古車買取業者に査定してもらうことを怠ると、大きな損失になってしまう可能性があることを覚えておいてください。

あと当サイトでは、ディーラーに下取りに出さずに中古車買取業者に売却したことで、愛車を高く売ることに成功した人の体験談を掲載しています。もしよければそちらの記事も参考にしてみてくださいね。

こちらがその成功体験談です。⇒ 車一括査定情報を入手!50万円も高く買取に成功した体験談