愛車を下取り価格よりも高く売ることは意外に簡単


車の査定は、大きく分けて「下取り」と「買取」という2つの方法がありますが、下取り相場は一般的に中古車買取業者の査定よりも低いケースが多いので、車の買い替えでこれまで乗っていた愛車をディーラーでのみ下取り査定してもらうはおすすめではありません。

新車を購入する方は、値引きがいくらなのか等車両本体価格や付属品の値引きばかりを気にする人が多いようですが、ディーラーの営業マンから大幅な値引きを勝ち取るよりも、下取り予定の愛車をディーラー下取り価格よりも高く売ることのほうが実は簡単だったりします。


下取りと買取の差が約15万円


インターネット上には、オンラインで簡単に複数の中古車買取会社に査定見積もり依頼できるサイトがあり、その一括査定サイトを経由して査定依頼することにより、複数の中古車買取会社の査定を競わせることができるのです。

一括査定サイトを活用して、ディーラーで下取り見積もり価格が10万円と言われていたコンパクトカータイプのクルマを中古車買取会社に約25万円で売却した主婦の方がいます。

この事例のケースでは、下取りと買取の差、約15万円ですね。新車を購入しようとして、ディーラーの営業マンと交渉を重ねた結果、さらに15万円値引きしてもらうのは至難の業だと思います。


下取り価格に満足してはいけない


このように、下取り相場が中古車市場の買取相場よりも何十万円も低いケースがよくあることですので、クルマを売る方は、下取り価格に満足することなく中古車買取会社に査定してもらうことをおすすめします。