ディーラーの下取りはメリットが少ない


車査定をしてもらいたいとき、車の買い替えで新車を購入する場合、ディーラーで下取り見積もりをしてもらうケースがほとんどだと思いますが、買取店でも見積もりしてもらうことをおすすめします。

おすすめというよりは、買取店で査定してもらうことは必須といっても過言ではないですね。


ディーラーで下取りしてもらう場合、新車購入の交渉とこれまで乗っていた愛車売却の交渉が一度に済んでしまいますので、手続きが楽で手間がかからないという点ではメリットがあるかもしれません。しかし、これ以外、ディーラー下取りはメリットが見当たりません。

車査定は、多くのケースで買取店のほうが新車販売を専門とするディーラーよりも相場が高くなる傾向にあります。


ディーラーの下取り車売却方法


ディーラーは、新車購入者から下取りした車を系列の中古車展示場で売却するのが一般的です。幹線道路沿いにあるディーラー系列の中古車展示場でたくさんの中古車が並んでいる光景を見たことがある人も多いと思います。

この売却方法では、売却までに時間がかかりますので、在庫リスク・管理コストがかかります。それゆえ、これら管理コストを見越してディーラーは下取り価格を低くします。したがって、できるだけ安い価格で下取りして、在庫リスクを抱えても利益が確保されることを考えます。


買取店の売却方法


これに対して、買取店はユーザーから買い取りした車をオートオークションに売却し、在庫リスクを負わないようにします。

また、最近では、買取店と呼ばれていたところでも、ユーザーから買い取りした車を自店でダイレクトで販売するようにもなっていますが、ある一定期間販売し、その期間内に売却できなかった中古車はオートオークションに売却するという「期間限定販売方式」を採っている買取店もあります。


さらに、海外販路に強い買取店では、海外で需要のある人気が高い中古車を高く買い取りすることができます。日本市場でしか中古車を販売しないディーラーと異なり、高額査定となるのは容易に理解できますね。


新車の大幅値引きは期待できない


自動車の品質向上、車の買い替えサイクルの長期化、若者のクルマ離れ等様々な要因で、以前ほど新車が売れる時代ではありません。そのため、新車を販売するディーラーは、1台当たりの利益を確実に確保する傾向にあり、大幅な値引きをしなくなったとも言われています。

新車値引きにおいて以上のような背景がありますので、下取り予定車をディーラーよりも買取店で何十万円と高く売却して、その売却資金を新車購入資金に充てたほうが結果として新車を安く購入することができ、はるかに得策といえるのです。


なお、新車を購入するうえでの注意ポイントなどは、車購入の流れで失敗しないポイント に詳しく掲載していますので、併せてご覧になってください。