下取りと買取の違い


車を査定してもらう方法として、下取りと買取があります。


下取りは、愛車の買い替えで新車を購入するディーラーに売却することで、買取とは一般的には中古車買取店に売ることを指します。

買い替えの場合、ディーラーに下取りに出す人が多いと思いますが、中古車買取店に売ったほうが高く売れるケースが多く存在します。


在庫リスクや管理コストがかかる


ディーラーは下取りした車を系列の中古車販売コーナーに並べて、次のユーザーに販売するのが一般的です。

実はこれ、在庫リスクや在庫管理などコストがかかるんですね。

ですので、どうしてもこれらのコストを考慮して、できるだけ低くディーラーとしては下取りしたいわけです。


在庫リスクを抱えない


一方、中古車買取店はオートオークションに売却するというビジネススタイルを持っていますので、在庫リスクをかかえないようにしています。

したがって、ディーラーの下取り価格よりも高く買い取りすることも可能となるのです。