愛車を買い替えするときには・・・


愛車を売る機会というと、多くの方は新車に買い替えするときではないでしょうか。他のケースとしては、クルマを乗らなくなったので、これまで乗っていた愛車を手放すというケースもあるかもしれませんね。

ここでは、新車の買い替えのために今乗っている愛車を売却するケースについて考えてみます。


ディーラーが下取りした後の中古車の販売ルート


新車に買い替えるために愛車を売る場合、新車を購入するディーラーに下取りしてもらうケースがほとんどだと思います。では、新車を購入したユーザーから下取りしたクルマを、ディーラーはどのようなルートで販売するのでしょうか。

ディーラーは多くの場合、下取りした中古車を系列の中古車展示場で販売します。街中を走っていればお気づきの方もいるかもしれませんが、ディーラー系列の中古車展示場には、非常にたくさんの中古車が並んでいることがわかると思います。


在庫リスク及び管理コストがかかる


中古車は在庫を持てば持つほど、在庫リスク・管理コストがとてもかかるんですね。ですので、ディーラーとしては、どうしても下取り価格を低くせざるを得なくなるわけです。

また、新車購入の見積書の下取り価格のなかには、値引き金額も含めれていることもあります。この場合、愛車の本当の価値はわからないですよね。


ディーラーの下取り見積もり価格に満足しない


ディーラーの下取りにはこういった背景がありますので、新車購入のため愛車を売る方はディーラーの下取り価格に満足せずに、中古車買取専門店でも見積もりしてもらってみてください。

ディーラーの下取り価格よりも何十万円も高く中古車買取店で買い取りしてもらったという報告が数多く届いています。