出張してきた際の交渉のポイントとは


車査定を依頼すると、中古車買取業者の査定士が自宅に出張してくれますが、出張してきた査定士とどのように交渉すれば、これまで大切に乗ってきた愛車の買取価格を高くすることができるのでしょうか。

出張してきた際の交渉のポイントは、次の3つです。

1.買取希望金額を言わない
2.その場で即決しない
3.オークション方式で交渉する

最低、この3つをポイントを押さえておくことで、愛車の高価買取に成功する確率が高くなります。


1.希望金額を言わない


査定を依頼したユーザーから、買取の希望金額を査定士に伝えてしまうと、その金額が買取業者の想定していた査定価格よりも低かった場合、その低い価格で愛車を売ることになります。


2.その場で即決しない


中古車買取業者は、出張査定に訪問してきて最初から高値をユーザーに提示することはありません。中古車買取業者からすれば、できるだけ安く買い取りしたほうが次に売却する際に利益が大きくなりますので、できるだけ安く買い取りしたいのが業者の本音です。

交渉を継続することによって、最初に提示された査定価格よりも数十万円アップするケースは多く存在しますので、愛車を高く売るために出張査定の現場で即決することは絶対にしないようにしましょう。


3.オークション方式で交渉する


車査定においては、複数の中古車買取業者を競わせることで買取価格が競り上がっていくという特徴があります。

オークション方式といっても、難しく考える必要はありません。会議の進行役と思えばいいです。

A社から買取価格を提示してもらう、B社にその価格を伝える、競り上がった価格をC社にも振ってみる・・・こんな感じでOKです。


結語


この3つのポイントを押さえて、中古車買取業者と交渉して高価買取に成功した実例が実際にあります。車買取情報を公開!高額査定の秘訣が満載の買取体験談 に執筆していますので、併せて読んでみてください。