店舗に出向く必要はない


車査定を依頼すると、自宅など指定した場所に中古車買取業者の査定士が出張訪問してくれます。

当然、無料で出張してくれますので、売りたい愛車に乗って、幹線道路沿いになるような買取店の店舗に出向く必要はありません。


同時査定&オークション方式


そこで、複数の中古車買取業者に一度のオンライン入力で一括査定の見積もりが依頼できる一括査定比較サイトを利用した場合、複数の異なる買取業者の査定士に同時に自宅など現場に出張してきてもらって、一緒に査定してもらうという方法も活用されています。


この出張現場での『同時査定』の方法で業者とアポをとり、自宅に複数の異なる業者の査定士が自宅に出張してきたら、『オークション方式』で査定する方法がよくあります。

出張先の現場で、中古車買取業者間でちょっとした競りを始めるのですね。


同時査定&オークション方式については、車査定のおすすめ利用方法は『同時査定+オークション方式』 を参考にして中古車買取業者と交渉してみてください。


査定士が会社に電話をかけ始める


現場に出張してきた各中古車買取業者の査定士は、携帯電話片手に会社に電話しながら、ライバル業者の査定価格を伝え、会社から指示を仰ぎ自社の査定価格を提示してきます。

このオークションの光景を見ると、自宅など現場に出張査定に訪問してくる業者の査定士には、価格決定権がないことがわかります。査定士に価格決定権があれば、現場で自身の判断で査定価格を提示してくるはずです。

つまり、出張査定を依頼したユーザーは、価格決定権者ではない人間と交渉しているということなのです。


即決してはいけない理由でもある


ということは、1社だけ自宅に呼んで出張査定してきてもらった場合に、最終的に価格決定権のない人間と自宅で交渉して即決してしまうことは、全く愚かなことでですよね。

車を高く売るために、出張査定の現場で即決してはいけないといわれるのは、このような理由もあるのです。