下取りと買取では大きな価格の差が出ることも


車査定の比較をすると、下取りと買取では大きな価格の開きがあることがわかります。

しかし実際には、これまで乗っていた愛車を買い替えする人のなかには、新車を購入するディーラーで下取りの見積もりをしてもらい、何の疑問を持たずにそのまま愛車を下取りに出してしまう人が多くいます。

確かに、新車購入の交渉と愛車の売却交渉が一度で済んでしまいますので、手間がかからないというメリットはあるかもしれません。

ですが、車査定比較は、手間がかからないということ以上の大きなメリットをもたらしてくれますので、ぜひ実行してほしいですね。


下取り価格と買取価格で100万円以上の見積もりの差が・・・!


一例を出しますと、知人が年式7年落ちのボルボを売却しようとして、ディーラーに下取り見積もりしてもらったところ、約40万円という査定でした。

このディーラーの下取り価格に納得しなかった知人は、中古車買取店でも査定してもらったところ、なんと約140万円という高額査定を提示されました。

ディーラーの下取り価格と中古車買取店の買取価格で、約100万円という大きな差が生じたことになりますね。


同じく年式7年落ちのクラウンアスリート、ディーラー下取り見積もり価格が約130万円だったところ、中古車買取業者の査定は約180万円という例もあります。


新車の値引き以上の効果も期待できます


新車を購入する際に、ディーラーの営業マンと交渉に交渉を重ねて値引きを引き出し、さらに100万円、100万円は例外だとしても50万円もの値引きをしてもらうことはまず無理ではないでしょうか。

前述したボルボやクラウンの例をみても、愛車を中古車買取店で査定してもらい、ディーラーの下取り価格と比較することによって、新車をさらにお値打ちに購入できる可能性もあるのです。