比較を勘違いしている


車査定では、複数の中古車買取業者の見積もり価格を比較するのがおすすめということを、CMやネット上のサイトなどで目にしたことがある人も多いと思います。ですが、依頼してからどのように査定を比較したらいいのかをわかりやすく説明しているCMやサイトは、あまり見かけないような気がします。

特に“比較する”ということを勘違いして、高額査定のチャンスを逃しているケースが多いように感じますので、インターネットの車買取一括比較サイトにオンライン入力して、複数の中古車買取業者に査定依頼してからのおすすめの査定交渉方法を紹介します。


まず、即決しない


車買取一括査定比較サイトを利用して査定依頼すると、最大で10社くらいの中古車買取業者が自宅に出張査定に来てくれますが、全部の業者の出張査定が終わる前に即決することは絶対にしないでください。

全部の中古車買取業者の出張査定が終わったら、各業者から提示された買取価格を比較するわけですが、ここでただ単に数字だけを比較して、その時点で一番買取価格が高い業者に決めるのも早急過ぎます。


比較とは競合させること


ここからが本当の交渉ですので、さらに複数の中古車買取業者の査定を競合させてください。そうすることによって業者間でオークションに入札するように査定を競い合って買取価格が競り上がっていくケースが多いです。


つまり、車査定において”比較する”ということは”競合させる”ということなのです。

競合について具体的な交渉方法を知りたい方は、車査定のおすすめ利用方法は『同時査定+オークション方式』 も併せてご覧になってください。