買取業者とユーザーとは利益相反する関係


車査定をしてもらうときには、愛車がいくらくらいで売れるかの目安、中古車市場における買取相場を頭に入れて、中古車買取業者の査定士との交渉に臨むことが高額査定への第一歩といわれます。


中古車の買取相場は数十万円という大きな幅があるのが通常であり、中古車買取業者としてはその買取相場の幅のできるだけ低いほうの金額で買い取りしようと企ています。

一方、愛車の査定を依頼したユーザーは、できるだけ高い価格で買い取りしてもらいたいと考えています。


このことからもわかるように、中古車買取業者と査定を依頼するユーザーとは利益相反する関係にあるのです。車査定の目安、買取相場を知らずに、利益相反する相手と交渉に臨むことは、武器を持った相手に素手で戦いを挑むようなものです。


買取希望価格を言わない


車査定においては、最近では複数の中古車買取業者に一括で見積もり依頼できる一括査定サイトを利用する人が増えていますが、車買取一括査定サイトを利用する場合でも、事前に、大手買取業者1社でいいので店舗に愛車を持ち込んで、おおよその査定の目安を聞いてから複数の業者と交渉に臨むようにするといいでしょう。


ただし、愛車がいくらくらいで売れるかの目安がわかったとしても、業者との交渉では、目安を参考にこちらから買取希望価格を言わないようにすることが高額査定のコツです。

査定士から「希望金額はいくらですか?」と聞かれても、決してこちらからは金額を言わないようにしてください。


目安の金額が相場最高額とは限らない


前述したように、中古車の買取相場には数十万円という大きな幅があり、ユーザーが知り得た目安はその幅の最高額であることはまずありません。

業者としてはユーザーとの交渉次第ではもっと高額な買取価格を提示する用意があったにもかかわらず、ユーザーが希望金額を言ってくれたおかげで安く買い取りすることができたともなりかねません。


中古車買取業者から高額査定を引き出すために、目安は目安として頭のなかに入れておき「素人なので金額はわかりません」などと言って、こちらから希望金額を伝えないということを覚えておいてください。