目安を頭に入れて買取業者と交渉


買い替えなどの理由でこれまで乗ってきた愛車を売却しようとして査定してもらう際には、目安、つまり、愛車の買取相場を調べてから中古車買取業者に査定してもらうことがおすすめです。

目安を頭に入れておかないと、中古車買取業者から査定価格を提示されても、その価格が高いのか低いのか判断することができません。


最初から高値を出してこない


中古車買取相場は常に変動しており、一般ユーザーにはわかりづらいものとなっています。ユーザーから査定を依頼されると買取業者は数十万円という割と大きな幅をもって査定してきます。最初から高値を出してくることは考えにくく、相場の低い方の価格を提示してくることでしょう。

相場の最高額はもっと高いところにありますので、仮にユーザーから値交渉されれば数万円アップすればいいだけの話です。その価格で納得してしまえば、恐らく相場の低いほうの価格で契約することになるでしょうね。


買取業者は安く買いたい


前述したように、中古車買取業者の査定士は、かなり大きな幅を頭に入れてユーザーと交渉してきます。

そして、ユーザーの顔色を見ながら、できるだけ低い価格で落としどころの価格を探っています。そこで、必要になってくるのが愛車の目安ということになるのです。