下取り価格と買取相場を比較する


車の査定相場は、下取りよりも買取のほうが一般的に高くなる傾向があります。

ですので、新車を購入するためにこれまで乗っていた愛車を買い替えする方は、ディーラーに下取り査定してもらうだけでなく、中古車買取業者にも愛車を査定してもらい、下取りと買取との価格の違いを比較するようにしましょう。


買取相場は常に変動


中古車の買取相場は、車種で異なるのはもちろん、売却時期や地域のトレンドなどによっても異なり、常に変動しています。中古車買取業者は、この中古車市場の動向をリアルタイムに査定相場に反映させることができ、特に需要のある車種には思い切った査定価格をユーザーに提示します。

これに対して、新車販売が専門のディーラーは、中古車買取業者のように中古車市場の動向をリアルタイムにし下取り査定相場に反映させることは難しいため、買取価格よりも低くなりがちです。


下取り予定車を高く売ることにも力を入れる


新車販売のディーラーでは、以前ほど新車は売れる時代ではありませんので、1台あたりの利益をできるだけ多く確保するようにしています。その影響から、新車の車両本体値引きを多くしない傾向にあります。

車買取情報を公開!高額査定の秘訣が満載の買取体験談 にも事例があるように、新車を購入する際には、値引き条件だけなく下取り予定車を高く売ることにも力を入れると、その愛車の売却資金で新車購入価格から割引することができ、結果として満足度の高い商談ができると思います。