買取相場の低いほうの価格を最初に提示される


車査定相場は常に変動しており、買取価格は中古車市場の相場や動向に大きく左右されます。

また、車種によりますが相場は数十万円という割と大きな幅があるのが通常であり、査定を依頼された中古車買取業者は、まずその相場の幅の低いほうの金額を査定依頼してきたユーザーに提示してきます。

中古車買取業者としては、できるだけ安く買取したほうが次に売却したときの利益が大きくなりますので、最初から高値を出してこないことは当然の判断といえます。


値交渉されたら、買取価格を少し上げるだけ


すると、その価格で売却するユーザーはいないでしょうから、ユーザーは「もう少し、買取価格は上がらないの?!」などと中古車買取業者に対して値交渉することでしょう。

ユーザーが値交渉してくるのは、中古車買取業者としては想定内ですので、値交渉があれば、ユーザーの顔色を伺いながらなんやかんや理由をつけて買取価格を少し上げてくることでしょう。

ですが、値交渉の結果少しアップした買取価格が相場の幅の最高額という保証は全くありません。恐らく、相場の最高額には程遠い価格でしょうね。


相場最高額まで買取価格を引き上げるには


ユーザーとしては愛車の買取価格を相場最高額まで引き上げることが必要になってきます。でも、売りたい愛車の相場最高額がいくらなのか、つまり、業者がここまでは出す用意があるという価格がいくらなのか素人にはわかりませんよね。


そこで、複数の中古車買取業者を競わせることが重要になってくるのです。

複数の中古車買取業者の査定を競わせることで、各業者が他のライバル業者が出してくる買取価格よりも少しでも高く提示しようとして買取価格が競り上がっていきます。

その結果、素人にはわかりづらい相場の最高額、つまり、業者がここまでは出せるという最高金額を中古車買取業者から引き出すことができるのです。