中古車市場の買取相場は同じ車種でも異なる


中古車査定には同じ車種、同じ条件でも売却時期や地域のトレンド等によっても相場は異なります。さらに、中古車買取業者間でも相場が大きく開きが生じるケースも存在します。


中古車販売店が3月に店頭に並べるために


例年、中古車が売れる時期というものはほとんど変動がありません。

新車や中古車の販売業界だけでなく、買取、車検、自動車保険などクルマ関連業界は年間を通して1月から3月が最大の需要期で、中古車販売業者は3月に店頭に中古車を並べるために2月に仕入れをしたい販売店が多くなります。

したがって、この時期が1年で最も相場が高くなり、クルマ買取店の査定士も1月後半から2月前半が一番気合を入れて買い取りする時期となります。


年度末は買取相場が上昇する


ですので、このような相場の違いがあるため、愛車の売却時期を急いでいなかったり、または、4月や5月頃に新車に買い替えしようかなあと思っているのなら、1月から3月に今乗っている愛車を買い取りしてもらった方が高く売れる可能性があります。