手間をかけない分、愛車を安く売っている


車査定で見積もりをしてもらう場合、下取りに出すディーラーだけに依頼するケースが多く見受けられます。

クルマを買い替えする人にしてみれば、新車購入とこれまで乗っていた愛車の売却が同じ会社で一度に完了しますので、手間がかからないというメリットはあるといえるかもしれません。

しかし、手間をかけない分、愛車を安く売却しているということもいえます。つまり、中古車の査定相場は、ディーラーの下取り査定よりも中古車買取業者の買取査定のほうが高くなる傾向があるのです。


中古車市場の動向をリアルタイムに反映できる


中古車買取業者は、中古車市場の動向をリアルタイムに査定価格に反映させることができ、中古車市場で需要のある車種には思い切った価格を付けます。

これに対して、新車販売ディーラーは新車販売が専門ということもあり、中古車市場の動向をリアルタイムに下取り価格に反映させることは難しく、下取り見積もり価格が低くなりやすいのです。


マニア向けモデルに大きな価格の違いが!


特に、輸入車やスポーツカー、SUVなどマニア向けの車種及びモデルはその傾向が強く、下取りと買取で見積もり額の差が大きくなりやすいです。輸入車の場合、下取りと買取で100万円くらいの見積もり価格の開きが生じた実例もあります。

大衆車でも10万円くらいの差が付くのはよくあることですので、ディーラーから提示された下取り価格に満足せずに、中古車買取業者にも見積もりしてもらうことをおすすめします。