年度末商戦は3月スタートで大丈夫?


1年のうちで新車が最も好条件で購入できるといわれている年度末商戦では、新車を購入したいユーザーは、ディーラーの営業マンとの商談をいつからスタートすればいいのでしょうか。

年度末商戦というくらいですから、3月から動き出せばいいんじゃない!と思っているのでしたら、正直遅い気がしますね。


納車が遅れ気味のモデルが多い


近年の新車販売では、人気モデルを中心に納車に時間がかかる傾向がありますので、年度末商戦に向けてディーラーでは年明け早々から販売活動を盛んに展開するようになってきている印象があります。

つまり、正月休みが終わったら、年度末商戦がスタートしているといえます。

ですので、ユーザーとしては、ディーラーの営業マンとの商談を1月ないし、遅くとも2月上旬から始めると、余裕をもって交渉ができると思います。


短期決戦でも時間をかけて結論を出すことが可能


年度末商戦は、原則、3月中に新車登録可能なモデルに大幅値引きなど好条件が出やすい、すなわち、短期決戦ですので、新車を購入したいユーザーはできるだけ早く結論を出す必要があります。

※参考記事: 新車販売の年度末商戦は短期決戦で臨むべし!その理由とは


そんな短期決戦の年度末商戦でも、1月ないし2月上旬に初回商談をすれば、多少時間をかけて結論を出すことができます。


中古車買取業者の査定士は2月に買取に力を入れる


中古車販売業者が3月に店頭に並べたいため、中古車買取業者の査定士は、2月に最も買取に力を入れるともいわれています。

買い替えの人は、下取り予定車の中古車買取業者との査定交渉も、併せて2月にはスタートようにするといいでしょう。