3月末までに新車登録可能な案件を最優先


新車がよく売れる時期のうち、そのなかでも最も販促活動が活発になるのが、2月、3月のいわゆる『年度末商戦』です。

年度末商戦の販売ノルマを達成するために、ディーラーの営業マンとしては、年度末商戦においては、3月末までに新車登録ができる案件を最優先に進める傾向にあります。


値引き条件のアップも期待できる


つまり、リミットが決められており、販売ノルマを達成するまでの時間がそんなに多くありませんので、ディーラーの営業マンは、新車購入見込み客のなかでも結論が早く出そうな見込み客を優先し、契約をたくさんとろうという考えを持っています。

当然、そのような見込み客に対しては、場合によっては値引き条件も大幅にアップし、結論を急がせ契約にこぎつける営業努力をします。


交渉に長い時間をかける見込み客は後回し


逆にいえば、購入するのかどうかわからない、ダラダラと交渉を長引かせるようなユーザーは、後回しにされてしまいます。

そして、年度末商戦の販売ノルマを達成したディーラーの営業マンは、交渉において新車を売るために無理に値引きする必要もなく、長い時間をかけて交渉してくる見込み客は、結果として値引きにおいて好条件を引き出すことが難しくなってしまいます。


下取り車の査定相場を調べて希望予算を交渉前に固めておく


したがって、年度末商戦には、このような背景がありますので、年度末商戦で新車を購入したい人は、ディーラーと値引き交渉をする際、契約までに時間をかけるのは得策ではなく、短期決戦で臨むことが重要です。

車の買い替えの方は、ディーラーとの交渉前に、中古車買取店で下取り予定車の査定相場を調査するなどして、購入予定車種の希望予算を固めておく必要があります。