買う気があるのかどうか本気度を確かめている


新車を購入しようとしてディーラーの店頭に初回訪問して、その際提示される見積書に記載されている値引き価格や下取り価格は、新車購入の初回見積書の値引き額や下取り査定額は挨拶程度 で詳細に執筆しているように、決してこれ以上出せないという満額の金額ではありません。

つまり、ディーラーの営業マンは、初めて来店してきたお客と商談する際、自店で販売している車種を本気で購入する気があるのかどうか本気度を確かめているのです。


ほとんどの新車購入希望者は競合している


クルマ情報雑誌や値引き情報を掲載しているウェブサイトなどでも、新車の値引き交渉では、ライバル車や兄弟車、販売店同士などの競合を実施することが効果的と紹介されています。

そういった背景もあり、その車種しか購入する気がないという人以外は、ライバル店でも数店回って商談し値引き情報を入手して、交渉を進めてできるだけ好条件を引き出そうとしてきます。

ですので、ディーラーの営業マン側からしても、「初回商談で値引き条件を拡大してもライバル店の駆け引きにされるだけ」という考えが頭にあり、初回商談で手の内を明かして条件拡大まで商談を進めることはまずありません。


細かい条件まで触れないことも初回商談のコツ


初回商談では、ディーラーの営業マンも、購入する側の様子をうかがって購入の本気度を探っているとして、購入する側も、初回商談から付属品値引きなどあまり細かい条件まであえて触れないようにすることも初回商談のコツです。

付属品値引きや下取り査定価格の上乗せ、諸費用カットなど細かい条件は、2回目以降の商談で詰めると有効な商談をすることができるケースが多く存在しています。


したがって、愛車を買い替えする人は、車査定|相場最高額で愛車を売るための中古車買取交渉術 を参考に、ディーラーの営業マンと新車の値引き交渉をするうえで細かい条件を詰めるまでには、下取り予定の愛車を買取業者にも査定してもらい、下取りとの価格の開きを判断できるようにしておきましょう。