未使用車とは


クルマの広告などを見ると、『未使用車』『未使用中古車』という言葉を目にします。

未使用車とは、字のごとく、使用されていないクルマを、ディーラーや販売店が自社名義で新車登録、軽自動車の場合は届出をして、ナンバーを取得したクルマのことをいいます。

使用していないといっても、新車登録または軽自動車の届出が済んでいますので、新車ではなく中古車扱いとなります。中古車市場で流通している未使用車は、「未使用中古車」とも呼ばれていますね。


軽自動車の未使用車は流通量が豊富


なぜ、中古車市場で未使用車が存在しているかというと、新車販売ディーラーや販売店、あるいは、自動車メーカーが、新車の販売台数の実績をつくるのが主な理由です。

したがって、ある程度、計画的に中古車市場に供給されているのが実情のようです。特に、軽自動車やコンパクトカーなど車両本体価格が安い車種モデルは、コストが安く抑えられるなどの理由から未使用車が中古車市場でたくさん流通しており、希望モデルを検索しやすく狙い目ではないでしょうか。


未使用車は格安で購入できるのが最大のメリット


同じモデルの新車を購入するよりは、安く購入できるのが最大のメリットですね。

新車を購入する際には、車両本体価格から値引きしてもらうことがよく行われていますが、一般的には、未使用車は、この新車の車両本体価格からの値引きでは不可能な金額で販売価格が設定されています。逆に言えば、未使用車においては、販売価格からさらに値引きを期待するのは難しいとも言えますが・・・。

交渉事が苦手な人などは、ディーラーとの商談で値引きしてもらうために駆け引きをしたり、策を練ったりすることがありませんので、特段交渉テクニックなど必要せずとも、新車とほぼ同程度のモデルをしかも安く購入することができます。安く購入できるというのは、メリットが大きいですね。


人気モデルでもすぐ乗れる


また、前述したように、既に、新車登録あるいは軽自動車届出が完了しナンバー取得済みですので、名義変更するだけで乗ることができます。

人気モデルの場合、納車に数か月くらいかかる場合もあり、契約しても長時間待たなければいけません。その点、未使用車なら、現車が既に存在していますので、契約してからオーダーを出す新車を購入するよりも納車が早い点もメリットとして挙げられます。


未使用車にもデメリットはある


デメリットは、まず、希望するグレードやボディカラーなどを選ぶことができないことですね。100%希望条件に合致する未使用車に出会うことは容易いことではないでしょうから、価格のお値打ち感とのバランスを比較検討することが必要ですね。


車検期間が新車を購入するより短いことにも注意が必要です。1回目の車検は、新車登録から3年ですので、未使用車を購入したときには、新車登録から数か月経過していることもあり、未使用車を購入してから3年未満で車検を受けなければいけないケースもあります。

新車を購入したのと同じ感覚でいて、未使用車を購入した月から3年後に車検を受ければいいと勘違いしないようにしてくださいね。