自動車ローンは主力商品のひとつ


自動車の購入においては、ローンやクレジットを利用して購入資金を分割して支払う人が多いという特徴があります。

ローンというと、家や土地を購入する際に利用する住宅ローンを思い浮かべる人も多いと思いますが、住宅と異なり、自動車は現金一括払いする人も多い商品ですので融資金額が高額になる住宅ローンほどではないにしても、銀行や信用金庫など金融機関にとっては、自動車ローンは主力商品のひとつで盛んにPRしています。


そこで、今回の記事では、自動車ローンの審査について考察し自動車ローンを申し込む際の心構えについても執筆します。


審査基準は返済能力があるかどうか


銀行や信販会社で、自動車ローンを審査するうえで最も重要視していることは、返済能力です。つまり、貸したお金を、銀行に利益をもたらしてくれて返済する能力があるかどうかを審査します。そして、返済能力があると判断されれば審査が通ります。

そこで、返済能力があるのかどうかを具体的に調査します。

年収、勤務先、勤続年数、家族構成、他社の借入状況など、これらはすべて返済能力があるかどうかを判断するために、ローンの申し込み者から教えてもらっているのです。

審査基準は金融機関によって異なりますが、各金融機関が定めた審査基準を満たせば審査は通りますし、審査基準を満たさなければ審査に通らないということになります。


ディーラーが扱う自動車ローンの審査は緩い、通りやすい?


自動車ローンの審査が緩いとか甘い、通りやすいなどということを巷では耳にしますが、一般的に返済能力が高いといわれる人、例えば、年収が多い人、公務員や勤務先が東証一部上場企業の人、勤続年数が短い人よりは長い人のほうが、ローンの審査は通りやすいといわれています。

当然、他に借入がない人のほうが審査は通りやすいのは言うまでもありませんね。


返済能力以外では、担保力ですね。つまり、融資対象物件、自動車ローンでいえば、購入するクルマを担保とする場合は、審査が緩い、通りやすいという傾向があります。ディーラーローンは、原則購入するクルマを担保にとりますね。


銀行はお金を貸すことで儲けている


ところで、銀行って、何で儲けていると思います?

お金を貸して儲けているのです。金利を設定してお金を貸して、その利息で儲ける事業なのですね。決して、預金を集める事業ではないのです。預金を集めることは、銀行にとってお金を貸すための手段に過ぎません。

自動車ローンを借りるときには、まず、この銀行は何で儲けるのかということを理解する必要があります。


銀行はお金を貸したい


つまり、銀行は、いわゆる、“いいお客さん”がいれば、お金を貸したいばかりなのです。銀行で言うところの、“いいお客さん”というのが、銀行に利益をもたらしてくれる返済能力のある人のことになるのです。

自動車ローンを借りる人は、銀行やなどの金融機関からしてれば、『自社に利益をもたらす人』でなければなりません。そして、自動車ローンを借りてクルマを購入する人は、購入時にまとまった資金がなくても、時間をかけてお金を貯めなくても、クルマを買うことができ、言ってみれば、『ローンの金利を負担することで時間を買っている』ともいえます。

自動車ローンを利用する人は、このように、銀行やクレジット会社等金融機関とは『Win-Winの関係』にあることを忘れはいけません。


結語


中古車販売店では、資金の少ない購入見込み客に対して、「SUVならリセールバリューがあるので、売却したときにローン残額を全額返済できますよ。」などのセールストークを駆使して、自動車ローンを組んで購入を勧めてくるケースが見受けられます。

自動車ローンを組んでクルマを購入する人は、このような販売店の営業マンのセールストークを鵜呑みしないで、人生設計を見つめ直し、月々返済していけるかどうか、無事ローンを完済できるかどうかを、自身でも自分で自分の“返済能力”を審査するようにしましょう。