比較ポイントは金利、審査基準、所有権、用途等


自動車ローンのなかで利用者が多い「銀行マイカーローン」と「ディーラーローン」を比較してみました。

銀行マイカーローンとディーラーローンでは、主に、金利、ローン申し込み、審査基準、車両の所有権、用途、保証料、繰り上げ返済などで違いがあり、これらの違いを理解したうえでメリット及デメリットを比較して選ぶといいでしょう。


金利


銀行マイカーローン
新車でも中古車でも、車種モデル、取り扱い販売店に関係なく、同じ金利が適用されます。また、銀行との取引に応じて優遇金利が適用されることがあります。

ディーラーローン
クルマによって適用される金利が異なります。キャンペーン対象の車種やモデルの場合、特別低金利が適用されています。


ローン申し込み


銀行マイカーローン
購入するクルマが決まる前でも申し込みすることができ、仮審査可能です。

ディーラーローン
車種やモデルによって適用される金利が決定されるため、購入するクルマが決まらないと申し込みすることができず、仮審査することができません。


審査基準


銀行マイカーローン
クルマを担保にしないため、年収、勤務先、勤務年数、他社の借り入れ状況などを基準として審査が行われます。

ディーラーローン
クルマを担保にして融資するため、比較的審査が緩い傾向があります。


車両の所有権


銀行マイカーローン
購入した時点で購入者本人となり、車検証の車両所有者も購入者となります。

ディーラーローン
ローン完済までディーラーに所有権があり、車を売るときや譲渡するときなどには、所有権解除の手続きが必要になります。車検証の車両所有者もディーラー名義となり、クルマの購入者は車検証では車両の使用者欄に記載されます。


用途(資金の使いみち)


銀行マイカーローン
クルマの購入資金のほか、車検費用、自動車学校授業料等免許取得費用、修理費用、他社マーカーローンの借り換えなどクルマに関する様々な用途に利用可能で、使いみちはクルマ購入費用に限定されません。

ディーラーローン
原則、ローンを申し込むディーラーで販売しているクルマの購入資金でのみ使うこうとができます。


保証料


銀行マイカーローン
一般的には、保証料は金利に含まれており、購入者の負担はありません。また、保証人も不要です。

ディーラーローン
金利とは別に保証料負担や保証人が必要になる場合があります。


繰り上げ返済


銀行マイカーローン
一般的に、繰り上げ返済手数料は無料で、回数制限もありません。

ディーラーローン
繰り上げ返済手数料がかかる場合や繰り上げ返済の回数に制限がある場合があります。