ローンまたは現金で購入するか選択可能


新車にしろ、中古車にしろ、購入が決まったら自動車の代金を支払うことになるわけですが、支払方法については、個人の場合は大きく分けて、ローンと現金一括払いがあります。(法人の場合は、カーリースという方法もありますが・・・。)

細かく分ければ、ローンに関しては、銀行マイカーローンやディーラーローン、残価設定ローン(残価設定型クレジット)などに分類することができますが、ローンの種類の比較などについては別記事にて詳細に執筆するとしますので、本記事では、ローンと現金一括払いのメリット・デメリットについて考察します。


【特集】買い替えの人は知らないと大損します!
>> ディーラー下取りよりも愛車を高く売る方法


ローンで購入するメリット


外車オーナーになることもできる
自動車をローンで購入する最大のメリットは、購入するだけの現金の貯えがなくても希望のクルマに乗ることができることですね。ローンを利用して月々分割して支払うことで、外車や日本車の高級車など価格が高いクルマのオーナーになることも可能です。


キャッシュを残しておける
現金の貯えがある人も、家計において現金(キャッシュ)を残しておけるメリットもあります。

人生何が起こるかわかりませんよね。急にまとまった出費が必要になることもあるでしょう。支払うだけの現金を持っていてもローンを組むことで、急な出費に備えて手元にキャッシュを置いておくことができます。


買い替えがスムーズ
残価設定ローンを利用すれば、3年~5年程度のスパンでスムーズに買い替えすることができ、数年間隔で新型のモデルに乗るというカーライフを送ることができるというメリットもありますね。


ローンで購入するデメリット


金利がかかる
ローンを利用すると金利を負担しなくてはいけませんので、総支払金額が多くなります。例えば、価格が200万円のクルマをローンで買ったら、数年後ローンを完済した際には、最終的に250万円支払ったということが起こります。

この例でいえば、1台のクルマを買うのに50万円余分に支払ったことになりますので、ただ単に金額の数字だけを見れば、デメリットと捉えることもできるでしょう。


収入がなくてもローン返済
毎月の給料などからローンを返済する必要がありますので、月々の支払いが増えます。また、転職や失業などで収入がなくなったしても、当然ローンの返済を支払っていかなればいけませんので、安易な気持ちで、無計画にローンを組むことは考え物です。


現金一括払いのメリット


金利負担がない
ローンを利用しないことから金利負担がない点が大きなメリットに挙げられますね。


毎月の支出が変わらない
また、これまで貯えた現金で支払うことになりますので、家計における毎月の支出が変わらないということも家計をやり繰りするうえでメリットといえます。


現金一括払いのデメリット


家計からキャッシュがなくなる
家計からある程度まとまったキャッシュがなくなるのは、やはりデメリットといえるでしょう。

今後予定されているライフイベント、万一起こるかもしれないと想定できる出来事などに対する現金の支払いができるかどうか資金計画をしっかりと立てる必要があります。


買い替え期間が長くなる
自動車を現金払いで購入していく考え方の人は、次にマイカーを購入するときもお金が貯まってからということになるでしょうから、自動車の買い替え期間が長くなりがちです。

新型が登場しても古いモデルに乗ることになりますので、街を走っていても古さを感じてしまうかもしれませんね。


車検費用がかかる
購入したクルマを長い期間乗れば、その間に車検を何度も受ける必要が出てきて、その都度車検費用がかかります。車検回数を追うごとに修理が必要になることも多く、車検時の修理費用も高くなる傾向にあります。


自動車税及び自動車重量税が割増になる
さらに、新車登録から13年以上経過した年式の古いクルマは、自動車税及び自動車重量税が割増になります。


結語


ローンで購入したほうがメリットが多いのか、それとも、現金一括払いで購入したほうがお得なのかについては、クルマを購入する人それぞれのライフスタイルなどでも異なりますので、簡単には判断することができません。

ご自身の人生設計も考慮して、資金計画をしっかりと立てて素敵なカーライフを送ってください。


【特集】買い替えの人は知らないと大損します!
>> ディーラー下取りよりも愛車を高く売る方法