買い替え必須!! ディーラーの下取りよりも高く売れる可能性が大!

かんたん車査定ガイド

車購入の流れで失敗しないポイント


情報収集して予算を決定


車購入の流れは、おおまかに、【情報収集】→【ディーラー・販売店との交渉】→【購入契約】→【駐車場・車庫の確保】→【納車・支払い】となります。

情報収集においては、購入を希望している車種・モデルを取り扱っているディーラー及び販売店、新車を購入する人は本命車種と競合するライバル車の値引き相場、買い替えの場合は下取り予定車の中古車市場における買取相場などの情報を収集して、予算を決定します。


買い替えの人の重点ポイント


この車購入の流れのなかで、まず、特に買い替えする人は売却予定の愛車を高く売ることに重点を置いてください。

必要書類や時期、費用などについてはわかりやすく説明しているサイトをよく見かけますが、新車や中古車を購入する流れのなかで、愛車を高く売るコツや秘訣、マル秘テクニックなどを紹介しているサイトが少ないように感じます。


そこで、これまで乗ってきたクルマを売って新たに購入する人が好条件で購入できるように、車査定|相場最高額で愛車を売るための中古車買取交渉術 に詳しく解説しました。下取り予定の愛車をできるだけ高く売却して、次に買い替えする新車や中古車を安く購入してください。





なお、上記車買取無料一括査定サイトは、北海道(札幌市)、青森県、岩手県(盛岡市)、宮城県(仙台市)、秋田県、山形県、福島県、茨城県(水戸市)、栃木県(宇都宮市)、群馬県(前橋市)、埼玉県(さいたま市・大宮市など)、千葉県、東京都(新宿・渋谷・吉祥寺・八王子市など)、神奈川県(横浜市・川崎市・横須賀市など)、新潟県、富山県、石川県(金沢市)、福井県、山梨県(甲府市)、長野県、岐阜県、静岡県(静岡市・浜松市など)、愛知県(名古屋市・豊田市など)、三重県(津市・四日市市など)、滋賀県(大津市)、京都府、大阪府(大阪市・堺市など)、兵庫県(神戸市・姫路市など)、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県(松江市)、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県(松山市)、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇市)など、全国どこからでもネット接続できる環境下で利用可能です。


車購入が初めての人や2台目、3台目を追加購入する人に役立つ記事


前記の車購入の流れのなかの、ディーラー・販売店との交渉、購入契約、駐車場・車庫の確保、納車・支払い等については、下記の記事で詳しく説明していますのでご覧になってください。

新車を試乗しないで購入商談してもデメリットはありません

新車の試乗ってどうやってするの? 新車の商談では、“試乗”をすることもできます。 試乗とは、購入を希望しているクルマに、いわゆる、試しに乗ることができるというものです。ディーラーの販売店の周辺を10分程度実際に運転することができます。通常は、試乗す

新車値引き交渉における競合とは

競合には主に3種類ある 新車の値引き交渉では、本命車種と異なる他の車種と競合させると条件拡大などに有効であるとよくいわれますね。そこで、この記事では、新車値引き交渉における“競合”について比較してみましょう。 競合には、主に、ライバル車競合、兄弟車

ライバル車競合も対決姿勢むき出しは新車商談に逆効果

ライバル車との競合事情が変わってきている 新車を購入するための商談では、欠かせない“競合”ですが、近年では少し事情が変わってきているようです。 ※参考記事: 新車値引き交渉における競合とは 以前は、競合といえば、真っ先に“ライバル車競合”

兄弟車競合や販売店同士競合のほうが競合効果が高い理由

以前は明確なライバル車が存在 新車購入の商談で値引き拡大など好条件を引き出す効果が高いといわれている方法に、ライバル車や兄弟車、そして販売店同士の競合があります。 以前は、トヨタカローラVS日産サニー、トヨタコロナVS日産ブルーバード、トヨタクラウ

車庫証明手続きをディーラーが代行するのは行政書士法違反?

車庫証明が原則必要 新車購入見積書をみると、販売諸費用の欄に「車庫証明手続き代行費用」という項目があります。この車庫証明手続き代行費用に金額が打ち込まれている場合は注意が必要です。 自動車を登録するためには、その自動車を保管する場所、つまり、駐車場

車庫証明の取り方は簡単!自分で手続きすれば代行費用節約

車庫証明とは 新車や中古車を新たに購入したり買い替えしたりする際には、車庫証明が必要になります。正式には「自動車保管場所証明」といい、自動車の保管場所があることを証明することです。 自動車を購入すると、陸運局に登録しナンバープレートをもらう必要があ

車庫証明の必要書類はダウンロード可!住民票や委任状は不要

必要書類は4種類。ダウンロードでも取得できる 車庫証明の手続きを申請するための必要書類は、次の4種類です。 ・自動車保管場所証明申請書 ・保管場所標章交付申請書 ・所在図及び配置図 ・保管場所の使用権原書 これら必要書類は、警察署の窓口

車庫証明の書き方では自宅、アパート及び使用期間等に注意

警察署のウェブサイトには記載例もある 車庫証明の書き方は、それほど専門的な知識や法律的知識を有するものではありません。また、各都道府県の警察署のウェブサイトには記載例もありますので、行政書士に費用を払って作成してもらうこともないような書類ばかりです。

車庫証明の配置図の書き方で迷うのは道路幅の寸法だけ!?

配置図の書き方は難しくない 車庫証明の手続きをする際には、配置図を作成しなればいけません、恐らく、必要書類のなかでは、この配置図の作成が最も面倒に感じる人が多いかもしれませんね。 配置図ということで、「図面を作成しなくてはいけないのかあ」と先入観か

車庫証明で不動産屋に手数料を払うな!駐車場を借りる人必見

不動産屋に手数料を請求される 新車を購入して車庫証明の手続きをする際に、自宅の敷地内に駐車場や車庫がない場合、月極駐車場を借りる人が多いと思います。 多くの月極駐車場は、募集及び管理を不動産屋が地主さんや土地所有者の代わりに行っていますので、月極駐
ランキング参加中!クリック応援お願いします。
にほんブログ村 車ブログ 車買取・車査定へ
にほんブログ村

中古車・買取 ブログランキングへ

ブログランキング
ブログランキングならblogram
ブログ王ランキングに参加中!
ビジネスブログ100選
人気ブログランキング
くる天 人気ブログランキング
@With 人気Webランキング
車・バイクランキング
PVランキング

  • SEOブログパーツ
最新のコメント
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0
Powered by CSM2